クレジットカードに審査が必要な理由

クレジットカードのシステムは後払い方式と呼ばれています。後払い方式ではクレジットカード会社にはリスクが伴います。カード加盟電でカード会員が買い物をした代金をクレジットカード会社が立て替えて支払います。それからカード会員がクレジットカード会社に支払うまでの間は未払いのリスクが発生するからです。

クレジットカードの申し込みに審査が必要なのはそうしたリスクを少しでも少なくするため、支払い能力がしっかりしたカード会員でなければいけないからです。収入が不安定であれば未払いのリスクが高まるので、クレジットカード審査ではそうしたリスクを排除するのに必要なのです。

クレジットカード審査の基準はクレジットカード会社、クレジットカードの種類によって違います。具体的に言えばクレジットカードの利用枠が少ないほど審査は甘くなります。100万円の利用枠を持つクレジットカードよりは、30万円のクレジットカードのほうが収入が低くても支払が容易だからです。

クレジットカードに入会申し込みをするときは、自分の収入に見合ったクレジットカードを選ぶことが大事です。年収が低いにもかかわらずゴールドカードといったグレードの高いクレジットカードに申し込みをしても、審査では却下される可能性が高くなります。