クレジットカード審査項目-勤務先

ある意味ではクレジットカード審査においては年収の数字よりも勤務先情報のほうが重要ということもできます。年収は自己申告なので水増しの数字である可能性は否定できません。クレジットカード審査ではほとんど所得証明書を提出する必要がないので、年収はあくまでも参考程度となります。

クレジットカード審査で重要なのは安定した収入があるかどうかということです。実際に勤務している会社や勤務年数で判断できることは多いのです。勤務先は上場企業である必要はありません。もちろんグレードの高いゴールドカードやプラチナカードに申し込みする場合は上場企業に勤務していれば審査上有利になるのは間違いありません。

しかし、一般カードに申し込みする場合は勤務先内容よりは、勤務年数が重要です。長く勤めているほど収入が安定していると判断できるからです。これは給与所得者だけではなく自営業者や農林水産業の従事者にも同じことが言えます。長く仕事をしているほどクレジットカード審査を通過する可能性が高くなります。

勤務年数が数か月でさらにアルバイトといった不安定な職種であればクレジットカードの発行は難しくなります。クレジットカードに申し込む前にまずは安定した収入を得ることが必要です。