クレジットカードと審査なしのカードとの大きな違い

クレジットカード以外で審査しで作ることができるカードはいろいろありますが、それぞれクレジットカードとの大きな違いがあります。クレジットカードは後払い方式や立て替え払い方式と呼ばれています。クレジットカード会社がカード会員に代わって加盟店に立て替え払いをして、その代金は後日カード会員から支払ってもらいます。

加盟tenni立て替えて型カード会員が支払うまでの期間は、クレジットカード会社にはリスクが発生しています。つまり未払いになる可能性があるということです。そのため審査なしではクレジットカードは発行されません。審査することによって支払い能力や過去の利用実績からクレジットカードの発行ができるかどうか判断するのです。

一方で審査なしで発行できるカードはこうしたリスクが発生しません。Vプリカのようなプリペイドカードは前払い方式なので、未払いのリスクがないのです。デビットカードは買い物と同時に代金が引き落とされるため同じく未払いがないので審査なしで発行できます。

つまりクレジットカードと言うよりも後払い方式や立て替え払い方式では「審査なし」がありえないということになります。クレジットカードの一部の機能、つまりショッピング機能だけを使いたいのであれば無理してクレジットカードを作らず審査なしのカードを利用したほうがいいでしょう。