クレジットカードを審査なしで作るには?

クレジットカードを審査なしで作りたいという人は、ほとんどが過去に支払い遅延などがあって審査が通らない人でしょう。クレジットカードを審査なしで作ることはできませんが、過去の支払い遅延が消えてしまえば、審査を通過する可能性は高くなります。つまり審査で落ちる要素が亡くなれば審査は怖くなくなります。

個人信用情報機関には支払い遅延が記録されています。クレジットカード関連の個人信用情報機関のCICでは過去1年分の支払い状況が記録され審査時にチェックされています。また、3か月以上の延滞についてはネガ情報として登録され5年間データ保存されています。

これらのデータ保有期間が過ぎてしまえば、過去の支払い遅延は参照することができなくなります。審査なしではクレジットカードは作れませんが、審査却下の理由がなくなります。ただし、支払い遅延があったクレジットカード会社では儒者のデータとして5年以上データ保存されているので、それ以外のクレジットカード会社に申込する必要があります。

クレジットカード審査で却下される理由は支払い遅延以外にもありますが、それぞれの理由を特定して解決していけば、審査も怖くなくなります。